2011年01月17日

テストエントリー-2

強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、本州の日本海側を中心に雪が降り、名古屋市など東海や近畿の都市部でも雪が積もっています。各地の雪は西からしだいに弱まる見込みですが、全国的に厳しい冷え込みとなっていて、気象庁は、雪や路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空の強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、本州の日本海側を中心に各地で雪が降り、東海や近畿などの都市部でも雪が積もっています。午前6時の積雪は、▽鳥取市で33センチ、▽岐阜市で22センチ、▽名古屋市で9センチ、▽京都市で4センチなどとなっています。
posted by Sing-a-ma-Jigs! at 05:19| 新着情報

テストエントリー

東海など都市部の雪は、17日になってやんできたほか、上空の寒気が抜け、冬型の気圧配置がゆるむため、日本海側の雪も西からしだいに弱まる見込みです。ただ、北日本の日本海側と北陸では、18日の朝にかけて雪の降りやすい状態が続き、17日の日中は局地的に強まるおそれがあります。
18日の朝までに降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、▽東北の日本海側と北陸で50センチ、▽北海道の日本海側と長野県、群馬県で40センチ、▽近畿北部と岐阜県で30センチ、▽山陰で20センチなどと予想されています。また、17日朝は北日本から西日本にかけての広い範囲で気温が氷点下となり、厳しい冷え込みが続いています。気象庁は、雪や凍結による交通機関への影響のほか、積雪の多い地域では雪崩にも十分注意するよう呼びかけています。
posted by Sing-a-ma-Jigs! at 04:18| 新着情報